FC2ブログ

合鴨ピリ辛炒め(築地市場 米花 No.18)

180105yonehana01.jpg
2018/01/05(FRI)
2018年最初の築地朝ご飯を食べようと思って、魚がし横丁8号館の「米花」におじゃましました。
今年の秋に豊洲市場への移転が決まっていますから、
この店舗での新年のあいさつはこれが最後かと思うとちょっぴり寂しい気がしましたねえ。
さて、今年初のおまかせは合鴨のピリ辛炒めでした!
 
180105yonehana02.jpg
鴨肉と言えば本鴨、合鴨を問わず、何と言っても抱き身ですよね!
分厚い脂の層が特徴の胸肉ですが、この脂があるからこその美味しさだと思います。
合鴨は本鴨よりやわらかくて脂がのっていることもありますけど、
特有のクセが少ないので食べやすいんですよ(^^)
私の好みはもう少し薄いスライスなんですけど、このくらい分厚い方が食べた時の満足感がありますね(^^)

180105yonehana03.jpg
ネギとマイタケが一緒に入っていましたが、合鴨とネギの相性は抜群です。
今日は少しピリ辛に味つけされてましたが、
抱き身の脂の甘さとネギの甘さにピッタリでとても美味しかったです!

180105yonehana04.jpg
豆腐のみそ汁とダイコンの漬物・・・春まではこのパターンが多いでしょうね。

180105yonehana05.jpg
副菜はヒジキの煮もので、甘さ控えめのスッキリとした味つけでした。
ちょっと量が多かったですけど、久しぶりに出てきましたからうれしかったです!

180105yonehana06.jpg
食後のお茶を飲んで時計を見ると、そろそろ地下鉄の駅に向かわなきゃいけない時間ですね。
今日も美味しかったです。
ごちそうさま。

[過去記事]
<2017>

米花
築地市場 魚がし横丁8号館

スポンサーサイト



tag : 店名.や.よ.米花.築地市場

コメントの投稿

非公開コメント

No title

鴨肉ですか。美味しそうですね〜。友人といただくレストランのディナーで、前菜と
して毎年一度は口にしています。まあ、この季節、割と普通にメニューに載ります。
普通に好きです。こちらの調理法のダック!

この季節なら、時々、普通の肉屋さんで買えます。でも、一度も買ったことがありま
せん。鴨肉の調理の経験なんてないですから。本当はやってみたいのですが、経験が
ないので失敗しそうと躊躇しちゃいます。やはり安くはないですからね。

そっか、こういう具合にネギと合わせ、キノコなんかも混ぜ、炒めればいいんですね。
酒、味醂と醤油くらいの味付けで。甘みをつけるなら蜂蜜で! なんて考えながら記事
を拝読しました。パクらせていただきます。Bedankt!!

本当は加賀の治部煮が好きだったので再現してみたいのですが、すだれ麩なんてのが
とてもじゃないけど手に入りそうもないですから、無理無理です。あんな難しい料理
を生麩が手に入らないからやらない!なんていいでしょ...。あの隠れ家でとびきりの
治部煮を何度もいただいたのですよ。一度だけ山鳥の肉で。鉄砲を趣味にしている常
連からの差し入れでした。「治部煮には山鳥が一番うまいっちゃ!」と言いながら。

あ、脱線です。私、鴨と合鴨の違いがよくわからないです。口にしたものはほとんど
が柔らかいですから、合鴨なんでしょうね。これなら、丼に盛っても美味しそうです。
この冬は絶対にやってみよ〜。

暖冬とのんびり構えていましたが、昨日から寒波がじわじわと襲ってきてます。本格
的なのは火曜日から3日間とのこと。マイナス10度というところらしいです。あっ、
嫌じゃないのですよ。ほとんどの場合、雲一つない紺碧の空が広がるのですよ。おま
けに無風...。

外に出て外気に触れても、あまり寒さを感じません。本当の寒さはじわじわと来ます。
舐めるとひどい目にあいます。(^^ゞ

> ブルさん

ここ数年は合鴨しか食べてませんけど、やっぱり脂身とネギの組合せは最高です。
薄く削ぎ切りにした鴨をネギと一緒に、
鉄板で焼いてから大根おろしと醤油で食べても美味しいですよ(^^)
時間がある時は合鴨ロースを作ってみるのも一興だと思います。

> 加賀の治部煮が好きだったので再現してみたいのですが・・・
私は加賀で治部煮を食べたことがないのです(^^;
本場の味を一度食べてみたいですけど、なかなかチャンスがありません。
管理人:昌(しょう)

昌


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!

メール
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク