FC2ブログ

蘭州牛肉拉麺(横浜中華街 蘭州牛肉拉面 No.2)

171123_ransyu01.jpg
2017/11/23(THU)
今日は食材を買いに横浜中華街にやって来ました。
朝は雨だったんですが、昼前から青空が広がったので結構混んでましたねえ(^^;
買い物の前に昼ご飯を食べようと思ってたんですが、
天気が良くなったことに加えて祝日ということもあり、行きたかった店には長い行列ができてました。
そこで先日おじゃました「蘭州牛肉拉面」はどうだろうと店の前まで行ってみると、
「いらっしゃいませ」と席に案内してもらえました~(^^)

171123_ransyu02a.jpg171123_ransyu02b.jpg
前回おじゃました時、蘭州牛肉拉面が気になっていたんですよねえ。
一、清 澄んだ透明なスープ
二、白 大根の白
三、紅 辣油の紅
四、緑 ニンニクの芽、香菜の緑
五、黄 麺の黄色
メニューには5色に例えた説明が書いてありました。
前回焼き牛肉ビャンビャンメンを食べた時は厨房から「バンバンッ」という音が聞こえてきたんですが、
今日は「ピタッピタッ」でしたね。
麺が違うので打ち方が違うんでしょうけど、一度見てみたいです!
待っている間に気がついたんですけど、テーブルにティシュの箱が用意されてました。
そういえば最初に出てきた水からはレモンの香りがしてましたし、
食器を下げる時に消毒用のアルコールを使ってテーブルを拭いてましたね。
中華街では珍しいと言ってしまえば失礼になるかもしれませんけど、とても好感が持てました(^^)

171123_ransyu03.jpg
しばらくして出てきた蘭州牛肉拉面(880円)です!
右奥にある小さな壺に入っている自家製のラー油をかけて食べるのがおすすめとのことでした。

171123_ransyu04.jpg
先ずはメニューに書いてあった清(澄んだ透明なスープ)ですね。
牛肉の旨みがしっかりスープに溶け込んでいて、これは予想を超える美味しさでした(^^)
スープの美味しさが強烈だったので、
やわらかく煮込まれた牛肉が霞んでしまったように感じてしまいましたね(^^;

171123_ransyu05.jpg
次は緑(ニンニクの芽、香菜の緑)ですね!
香菜の右下にあるのがニンニクの芽・・・最初は万能ネギだと思ってました(笑)
どちらもこの牛肉ラーメンにはよく合ってましたから、もっとたくさんトッピングして欲しい気もします。
別料金であるのかもしれませんけど、また機会があれば確認してみたいです!

171123_ransyu06.jpg
白(大根の白)と紅(辣油の紅)です。
ダイコンはスープで煮てあるような感じで、
和食で出てきても違和感のないあっさりとした下味がついてました。
そしてラー油ですけど、最初は少しだけかけてみましたがそれほど辛くはないので後半は追加しましたよ~!

171123_ransyu07.jpg
最後は黄(麺の黄色)ですけど、ラー油を入れたので多少赤っぽくなってしまいましたね。
表面に多少ざらつき感があるんですけど、
これは韓国冷麺みたいに細かい穴の開いた容器で押し出すようにして作っているからとのことでした!
表面にざらつきにスープの旨みが絡みついて美味しいんですよ。
独得のモチモチ食感が心地よかったです。
もちろんスープは全部飲んでしまいました(^^)
とても美味しかったので大満足です!
新メニューも始めたとのことですから、またおじゃましてみたいですね。
ごちそうさま。

[過去記事]
No.1 <2017/10/21  焼き牛肉ビャンビャンメン>

蘭州牛肉拉面
神奈川県横浜市中区山下町139

スポンサーサイト



tag : 店名.ら.ら.蘭州牛肉拉面

コメントの投稿

非公開コメント

ネイロ

これはまた怒涛の牛肉拉麺ですね。ルックスも素晴らしいと思います。健康にも
とても優しそうですね〜。

それにしても、注文すると、麺作りから始める!ってすごいですね。練って熟成
させたものを手早く麺に仕立て上げ、茹でて丼に盛って出してくれる! いいね〜。
おまけに「麺を打つ」音まで聞こえてくるなんてのが...。

麺の種類により音色が変わるなんて、犬っころみたいに音に敏感な生き方をして
いる私にはぴったりです。美味しそうな音という記事にはあまりお目にかかって
ませんでしたから...。

こんなに大きなふろふき風の大根の煮たのが具で入っているのが素晴らしいです。
柔らかく煮込まれた美味しい牛肉が霞んでしまうほどの極上のスープって、どれ
だけ旨いんだろうか?と、純粋に探究心がメラメラと・・・。(^^ゞ

打ちたての麺って独特ですよね。中華ではないのですが、作ってかあらあまり時
間の経ってないイタリアンパスタを時々いただくのですが、やはり麺の表面が少
しざらついてます。ソースの絡み方が乾麺を茹でたものと違いますね〜。とうぜん
口あたりも違いますから〜。5感を全部使って味わえる喰いものって楽しいね〜。

この麺に乗る、ハーブの選び方もとてもいいみたいですね。培われたセンスなんで
しょうね。こんなのが880円で食えるなんてすごいな〜。前回の焼き肉ビャンビャ
ンメンと併せ、とても楽しませていただきました。いいお店をものにしましたね。

他にも麺の種類があるんですか。打つ時の音色と併せ、とても興味を持ってしまい
ました。機会がありましたらお試しになり、楽しそうな音色ともども記事にして
ください。(^^ゞ

> ブルさん

> 「麺を打つ」音
実際に調理場を見たわけじゃありませんけど、
やわらかくて重い物体を台にたたきつけたような感じの音でしたから間違いないと思います。
次回行った時にチャンスがあれば音の違いも含めて聞いてみたいですね(^^)

ダイコンはそれほど大きくはありませんけど、中華っぽい味つけじゃないんですよね。
このラーメンとの相性はとても良かったと思います。

まだまだ美味しい料理が待っていてくれそうですから、
今年も時々記事にしてみたいと思います(^^)
その時はぜひ音色も一緒にレポしてきますね!
管理人:昌(しょう)

昌


メール
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)